« 継続は力なり | トップページ | 治っても通います。 »

余計な一手

お客様は痛みや疲れを緩和したいと思って来て下さいます。

施術する側も状況を改善すべく、全力で施術させていただくわけです。

ただ残念なのは、精一杯の施術=最高の結果になるとは必ずしも限らないのです

今日来られたお客様は頸椎ヘルニアをお持ちで、上腕部にしびれがあり、腕の挙上も難しく、肩甲骨内側の激しい痛みでお悩みでした。

一通り施術が終わり、症状の確認をしたところ、しびれと肩甲骨の痛みは半分ぐらい改善することが出来ました。

本当はその時点で施術を終わらせるべきでしたが、ひとつやり残した部位があり、喜んでらっしゃる顔を見て、もっと楽になっていただきたいとの想いから、もう一度頚部の施術をさせていただきました。

すると先程より痛みがぶり返してしまったわけです。

その方の体にとっては余計な一手となってしまいました。

施術をやりすぎた悪い一例です。

もう一度仰向けに寝て頂き、お腹だけ施術し直しました。

やはり先程より硬化しておりましたので、丁寧に押圧し、再度痛みを確認すると痛みは治まっていました。

最後はやはり腹部に限りますね。

お客様には申し訳なかったですが、また良い勉強をさせていただきました。

|

« 継続は力なり | トップページ | 治っても通います。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余計な一手:

« 継続は力なり | トップページ | 治っても通います。 »